植木由佳の大学や経歴は?VSホリエモンに夫ひろゆきは他人事?

人物
スポンサーリンク

植木由佳は2チャンネル創設者として有名な西村博之(ひろゆき)さんの嫁として有名です。

夫である西村博之さんの”日常の顔”を漫画「だんな様はひろゆき」で公開されていることも話題です。

とても知的な雰囲気の植木由佳さん。
出身大学や西村博之さんと歩んだ経歴が気になり、調べてみました。

調査中に見かけた植木由佳さんの漫画やツイート。
その中にはホリエモンさんと植木由佳さんの論争の足跡も!
植木由佳さんの漫画に対しては「自己肯定感がわいてくる」という人もいるほどの高評価です!

記事の内容は以下の通りです。

●西村博之(ひろゆき)さんと歩んだ植木由佳さんの経歴は?
●植木由佳さんの出身校は広島女学院大学?
●植木由佳がホリエモンと仲違いしていることに対して西村博之は無反応?
●植木由佳さんが描く漫画への世間の反応を紹介!

「植木由佳さんの漫画が見つけられない!」という方のためにTwitter上での漫画「だんな様はひろゆき」へのアクセス方法も掲載しています。

スポンサーリンク

植木由佳の経歴

 

こちらの項目では、植木由佳さんと西村博之さんが付き合っていた頃から現在に至るまでの出来事を列挙しています。

 

結婚前の植木由佳・西村博之の関係

植木由佳さんと西村博之さんは結婚前に10年間付き合っていました。
そのうち7年は同棲
結婚前の植木由佳さんは「インターキュー株式会社」や「ヤフー株式会社」に勤務していた時期があります。
それを経てWebディレクターや翻訳ライターで活躍。

 

2チャンネルに関しては会計を担当し「削ジェンヌ」としても活躍していたと言われています。

「削ジェンヌ」とは2チャンネル削除人のハンドルネームで、掲示板に書き込まれた不適切な書き込みを整理していく存在です。

植木由佳さんが「削ジェンヌだったのか」という事に関しては本人が否定しているというウワサもあり、真偽は不明です。

 

植木由佳の誕生日にプロポーズ

 

2014年4月19日、西村博之さんがプロポーズし結婚となりました。

4月19日は植木由佳さんの誕生日。
後々に「結婚記念日を忘れた」という事があると面倒なので、誕生日にプロポーズをしたそうです。

その日のうちに東京都北区へ行き、結婚証明を取得。

反結婚派の西村博之が結婚を決めた理由

 

西村博之さんは「反結婚派」と聞きますが、実際には「結婚どうでもいい派」。

2人がラトビアのビザを取る際、植木由佳さんのビザは結婚している方が簡単に入手できることが判明。

「結婚はどうでもいい」と思っていたけれど、「ビザを取る」という必要ができたので結婚することになったそうです。

 

入籍後にフランス・パリへ移住

入籍した時点で取得しようとしていたのは「ラトビア」のビザでした。
実際、西村博之さんは結婚後にラトビアの住民権を取得しています。

 

その後、フランス・パリに移住。

植木由佳さん・西村博之さんがパリに移住した理由については諸説あります。

 

①日本で仕事をする必要がなくなったので、どこか外国に行きたくなった。
それがたまたま、フランスだった。
(参照:2019年5月31日発行 バスフィード)

 

②フランスである必要はなかったが、多額の損害賠償金の支払いから逃れるために移住した。
③英語圏の人が覚えると得する言語としてフランス語の人気があるから。
(②③ 参照:netgeek)

 

心地よい距離感の植木由佳と西村博之

植木由佳さんのツイッターアカウントは「uekky」です。

日常生活関連のツイートからは、さりげない優しさが感じられます。

 

西村博之の動画人気を支える素敵な嫁

西野博之さんのYoutube動画のなかで「ひろゆき・電光石火の速さで妻に叱られる」というものがあります。
この場面に対する裏話がツイッター上にあります。

このお話を読んでいると、植木由佳さんは西村博之さんが気付かない場面でいろいろと手を尽くし、人気が出るようにとサポートされているのかな…と想像してしまいます。

 

以下が実際に公開された動画。

家庭内のお掃除について「うちの家内は掃除が好きでね…」といった瞬間に植木由佳さんから「好きじゃね~よ」と即否定される場面です。

以下は、この場面に対する裏話のツイート。

子供はいる?いない?

ツイッターの画像の中に、植木由佳さんが小さな男の子と映っている写真があります。
この写真があることから「子どもがいる」と噂になっているようですが真偽は不明です。

 

西村博之さん自身が「子どもはいない」と公言しているものの、「ネット犯罪等へのリスク管理の一環として公表していないだけでは?」との意見も聞かれています。

 

「2チャンネル」を創設した天才「論破王」の西村博之さんと、それに匹敵する頭脳を持っていそうな植木由佳さん。

 

2人はどんな育児をするのでしょう。

少々気になります。

 

 

植木由佳の大学は広島女学院大学?

植木由佳さんの高校・大学など学歴に関する情報は見つけられませんでした。
しかし同姓同名の方を広島女学院大学発行の論文著者名の中に発見しました。

 

植木由佳さんの出身大学について、必要を感じないので公表していないのかもしれません。
あるいは、ネット社会におけるリスク管理のために敢えて公表していないのかもしれません。

 

一応、お名前を頼りに出身大学を調べてみました。

「広島女学院大学」で生活デザイン・情報学科で助手をされていた女性に「植木由佳」という名前を発見しました。

2010~2011年にかけて発表された「恋愛観・結婚観に関する論文著者」として挙げられています。

しかしこの期間は西村博之さんと同棲していたはず。

…ということは、広島女学院大学の植木由佳さんは別人の可能性が高いです。

西村博之さんの嫁である植木由佳さんが、どこかしらの大学に在籍していたか否かは不明です。

 

いずれにせよ、植木由佳さんのツイート内容はいずれも知的でシンプル。
大学に在籍されていたか否かに関わらず、とても聡明な印象があります。
「論破王」と呼ばれる夫・西村博之さんさながらに人々の悩みをさばいてくださる力をお持ちなのではないでしょうか。

 

『Youtubeはやらない』と断言されているのが少々残念ですが、ツイッターでの鋭いコメントをいつも楽しみにしております。

植木由佳に送られたホリエモンからのツイート

もともとは「西村博之」と「ホリエモン」のツイッター上でやり取りでした。
2人は対談などで一緒に仕事をする機会があったことから、「本当は仲が良いのでは?」と思う方もおられたようです。

しかし、コロナ禍でのマスク・飲食店関連の出来事からやや強めの言葉が出るようになりました。

そしてホリエモンから下記のツイート。

生まれてこれまでひろゆきと親友だったことは一度もありませんよ。おしごとをしたことはありますおしごとをしたことはありますが。いわゆるプライベート的な場所で合うことはありませんし

このあたりから植木由佳が交わり、ホリエモンから以下のツイートが…。

個人的には有名人の配偶者のマイナーな人がその配偶者をネタに作品とか発表してるの気持ち悪いんですよね。

ホリエモンとのツイートに対して夫ひろゆきは他人事?

やや衝撃的なホリエモンからのツイートに関連して、西村博之のYoutubeチャンネルに質問が寄せられていました。
それに対する返答の動画です。

あまり深刻ではない様です。
西村博之さんとホリエモン。
どちらも起業家であり、テレビ等に取り上げられるほどの活躍をされています。

それぞれに自身の能力を活かしやすい形でのポリシーを持って日々行動されていると思います。

人間が個々に異なる性格を持っているなら、それを活かすことができる「ポリシー」も違うはずです。
仲が良い・悪いという事ではなく、お二人はたまたま「ビジネスパートナーとしては相容れにくい視点を持っている」という事なのではないでしょうか。

 

【植木由佳】西村博之(ひろゆき)の日常を公開した漫画は高評価!

植木由佳さんは西村博之さんの日常の姿を漫画で公開されています。
いつもは飄々と悩み相談をさばいている。
そんな人は日常でどんな風に過ごしているのか…。

つい気になってしまいます。

こちらの漫画に関してはこんな感想も聞かれています。

『どんな自分でもいいんだ!』と自己肯定感がわいてくる不思議な漫画
自分の事を”おいら様”と呼び常にうさ耳を付けて「ぶふーん」とか「モフモフ」と言ってるひろゆきはかなり新鮮。しかし時たま垣間見せる優しさには惚れそうになってしまう。
外では超理論派論破マンで家では宇宙人なひろゆきのことを、別にどうこうしようとせず、お互いが同じ方向を向いて生活している姿は理想的な夫婦関係だな~と羨ましく思った。

植木由佳さんが公開されている漫画「だんな様はひろゆき」を見つけられない!という方がいらっしゃるようです。
Twitterでは「#だんな様はひろゆき」で探してみてください!

【植木由佳の経歴・学歴は?VSホリエモンに関するひろゆきの反応】まとめ

 

今回の記事では2チャンネルやニコニコ動画で有名な西村博之(ひろゆき)さんの嫁である植木由紀さんについて経歴を中心に書かせていただきました。

 

●植木由佳さんは2チャンネルで博之のビジネスパートナーとして働いていた

●ビザ取得のため結婚。その後パリに移住。

●パリ生活のツイートはほのぼのしている。

 

西村博之(ひろゆき)さんのYoutubeはもちろんですが、植木由佳さんの漫画やツイートも、引き続き楽しみです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました